FC2ブログ

真空管アンプとタンノイスピーカー

みなさま、こんにちは。

例年のようにこの時期になると豪雨。嫌になります。
九州は大雨と毎日言われていますが、実は南九州だけで北部九州は取水制限をしないといけないほどの水不足でして、このまとまった雨は恵みの雨ではありました。

しかし降る時はとんでもなく降る!

災害にならないか心配ですよ


今日は晴天🌤

じんわり汗がにじみます。

これはこれで嫌な季節です。


ところで本題!


先日田川郡の某所へオーディオ熱の高いN様宅へ納品。


季節外れの真空管アンプ!夏は熱持つからつらいですね!(笑)


LUXMAN LX-380真空管アンプでTANNOY Autograph mini/GRを鳴らします。








まさに王道!音が悪いわけがありません。


入り口はmarantz ND8006 ネットワークプレーヤーとCDプレーヤーが一つになってるすぐれものです!





これでこの部屋に4システム目!!





4ヶ国のスピーカーが楽しめます!(笑)



日本(sony)、JBL(アメリカ)、TANNOY(イギリス)

SYNTHESIS(イタリア)


まあそれぞれみんな個性の違う音ですね!

おもしろいです!

つぎはkisoAccoustic のHB-N1だそうです!

楽しみにしときます!




大場



スポンサーサイト



真空管アンプ多数展示中!

皆さま、こんにちは。

根強い人気がある真空管アンプですが、最近マックスオーディオの展示も増えてまいりました!

一番最近の入荷は TRIODE(日本) の 武蔵というアンプです。

定価 580.000円








真空管は最近の真空管でKT150 TUNG-SOL ロシア製の球です。

これはOCTAVEも使用してます。


次は TAKATSUKI TA-S01 です。(日本)

定価 1.500.000円





こちらは言わずと知れた真空管メーカー!

日本で唯一真空管を造っているとこです。

出力管の300Bはもちろん自社製真空管を使用しています。

出力トランスにはタムラ製 F-2007Aを使用。

ものすごく良い部材だけを使用した本格タイプ。


こちらも日本製 AIRTIGHT ATM-1S

定価 590.000円






使用真空管は6CA7 EL34にも交換可能です

AIRTIGHTは知る人ぞ知るメーカー

日本の大阪高槻市のメーカーです。

雑誌広告などはほぼやらないため口コミで広がり今に至ります。

海外での需要が高く日本国内よりも海外への出荷が多いとか



その他、これも日本のメーカーPhasemationやLUXMANなど多数真空管アンプを展示しております。


真空管アンプにしか出せな音があります!


優しく刺激音の少ない余韻たっぷりな音、


薄暗くした部屋でお酒でも飲みながら真空管のじわっとした灯りに癒されてみませんか?





プロフィール

ビックプレイス

Author:ビックプレイス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR