FC2ブログ

LUXMAN MQA-CD対応プレーヤー納品

皆さま、こんにちは。

最近は新型コロナウィルスの話題ばかり。

なんだかあまりハッキリとした感染経路や実態がわからないから怖いですよね。


あまり外に出るのもなんだか気が引けるので、今は時間がある時にはご自宅でゆっくり音楽でも聴きましょう。

ということで先日いつもお世話になっている田川のN様宅にまたまたお邪魔してきました!

正確な価格が出る前から注文をいただき、待たせに待たせた新商品LUXMANのMQA-CD対応CDプレーヤー D-03Xです。

置き場所をつくっててもらっていたので最後のピースがはまりました。





なんと注文は定価が決まる前から注文を入れてもらっていたので発売延期によりかなりお待たせしてしまってました!


やっと納品できました!

ついでにKRIPTONの調音パネルも2枚追加。これでヤマハ2枚、KRIPTON3枚になりました。





セッティングも終わりいざ試聴!







たくさん購入してもらってたMQA-CDからビルエバンスのWaltz for Debby!

ハイレゾCDの本領発揮ですね!広がりや滑らかさが違います。

そして最後は別システムでSACDを聴かせていただきました。

聴いたのはヴィーナスレコードのこのSACD!





音が散りばめられた綺麗な音ですねー!


調音パネルの効果もかなり出てます。

周りがガラスに囲まれてたので反射をふせぐにはかなり効果あり!


ではでは。

次はレコードプレーヤー変更を計画中ですからね。


ではでは。


大場











スポンサーサイト



MQA-CD対応CDプレーヤー

皆様、こんにちは。

2月なのにほとんど寒くなることもなく、うっすら春めいてきた気がします。

去年は雑誌のアクセサリーの付録についていたMQA-CDのサンプラーから火がつき、かなりのMQA-CDがユニバーサルやワーナーから発売されヒットしました!

しかし直接再生できる機種はほぼない状態が続いてやっと最近チラホラと出始めてきました!

ツィッターでも紹介をしましたが、トライオードから真空管バッファ回路搭載のCDプレーヤーTRV-CD6SE 定価28万円が発売になり、本日2月14日にはラックスマン がD-03X268,000円で発売しました。

トライオード TRV-CD6SEがこちら



MQA再生時にはMQA352.8kと表示されます。

通常のCD時にもアップサンプリングで楽しめます。

PCM352.8kアップサンプリング時がこちら





DSDアップサンプリング時がこちら




ノーマル時はこちら



背面はこちら




出入力端子はかなり豊富ですね。バランス出力もあります。

ノーマルでの再生、PCMアップサンプリングでの再生、DSDアップサンプリングでの再生、真空管バッファでの再生、ソリッドステートでの再生と5種類の音が切り替えで楽しめます。


次にラックスマン D-03X

これは非常にシンプル

見た目も以前のモデルから特に大きな変化はありません。

今回大きく変わったことは表題のMQA-CDが対応になったこと。

そしてこのエントリーモデルはSACD非対応になり、CDとMQA-CDにしたことです。

顔はこちら




MQA再生時には表示部にランプがつきます。

背面はこちら





いたってシンプル。


エソテリック、ラックスマン はモデルチェンジしながら全てMQA-CD対応になっていくようです。


その他はTechnicsやTEACなどからも対応品が発売されてます。

やっと選べるようになってきましたのであなたの好みを、音を見つけてくださいね。

店に展示がない物もありますので試聴希望の方は事前に連絡いただければと思います。

ではでは

大場








プロフィール

ビックプレイス

Author:ビックプレイス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR